もうこれ以上、自己処理したくない

私にとって、ワキのムダ毛ほど煩わしく感じることはありません。何歳から生えて来たのかはあまり覚えていませんが、18歳の頃にはもうカミソリで剃っていたような記憶があります。

ミセスビューティーその当時は、1年を通して自己処理をしていたわけではなくて、夏に限定をしてあとは特に何もしないでいました。そのため、夏に近付いて来るとまたムダ毛を剃ると言う面倒な仕事が増え、ある意味憂鬱な季節でもありました。

カミソリと私はどうも相性が悪かったようで、必ず手を滑らしたりして肌を切っては少し血を流していました。その度に、ワキに申し訳ないことをしたと罪悪感でいっぱいでした。

そのような状態が何年も続いて、もうこんな煩わしい思いはしたくないと一念発起して、脱毛サロンに行き始めました。サロンでは、光脱毛で一瞬のうちにムダ毛が処理されて、何の痛み等の不快感も一切ありませんでした。

こんなにも快適なら、もっと早く来れば良かったとつくづく感じたと共に、日々綺麗になるワキを見ては満足していました。

http://xn--tckue155hlmcz4d4w3cema170lemza.com/